at婚活30代からのパートナー探し

お見合い相手との交際を断る理由と気を付けたいポイント

交際をお断りする場合、誰かの紹介や相談所のお見合いだと「断りづらい…」と思いますよね。しかしお相手の気持ちや紹介者の立場を考え、マナーを守って断れば、人間関係を壊すこともありません。この記事では交際をお断りする主な理由と上手なお断りの仕方についてご紹介します。

お見合いを断る理由と断られる理由

お見合いを断る本当の理由は一体どこにあるのでしょうか。
男女ともに容姿がタイプではない、趣味が合いそうにない、会話が弾まない、フィーリングが合わないなどの理由があると思います。
特に男性は年齢を兼ねると女性よりも老けて見える人が多くいます。実際に会ってみたら、思っていた姿と違っていたという人もいるようです。女性も写真の印象と全然違うということが起こりうるのです。男女ともに写真とのギャップでお断りしたりされたりすることは多いものです。
また、趣味が合わないという理由でお断りする人もいます。男性の趣味がギャンブルだったりすると、引いてしまう女性は多いです。一方、女性の趣味で男性から敬遠されるのは、お金がかかりすぎる趣味にあるようです。たとえば、節約家の男性に、頻繁に海外旅行に行くと話したら、貯金していないのかな、と心配されてしまうというようなこともあります。恋活や婚活においては、価値観の違いが垣間見えると、お断りする理由になってしまいます。
会話が弾まなくてつまらない、という理由がお断りする原因になることもあります。

断る理由を考えれば、断られる理由も自然と想像できてきますが、単にタイプではなかったとか、写真と実物が違い過ぎるなどの外見による理由も多いようです。
しかし、見た目を大きく左右するのは案外清潔感だったりもします。写真を撮ったときと同じくらい気合を入れてお見合いに挑めば、大きな差は感じられなくなるかもしれません。
また、フィーリングが合わないというのがあります。無理に価値観の違う男女が付き合うと、それが後々ストレスになることもあるのです。結婚は恋愛とは違って、ずっと一緒に生活を共にする相手です。思っている以上にフィーリングや相性、性格なども重視される傾向にあります。
女性の場合、会ってみたけれど生理的に無理だと感じた、という人もいるようです。

お見合いを断る際に気をつけておきたいポイント

では、実際にお見合いを断る際にどのような点に気をつければよいのでしょうか。
まず、大事なのはお相手の欠点をはっきりと伝えないことです。特に容姿のことをあからさまに言うのは、婚活NG行動です。
連絡の仕方でも気をつけたいポイントがあります。よいお返事ならば、すぐにでも返すべきです。しかし、お断りの連絡は相手にショックを与えかねません。お会いしてすぐにお断りするよりも、もう一度一晩よく考えて翌日に返信しましょう。断るときのポイントとして、タイミングを見計らうことも大切です。
お見合いでの返事の場合、仲人や仲介人がいるときは、必ず仲介者を通します。お見合い前にプロフィールを見た段階で、お断りをしたい場合ははっきり仲介人に伝えます。3回目のデートに駒を進めたのにお断りする場合もあるでしょう。このときも仲介人を介して断ります。ただし、付き合いが長くなってからお断りする場合は本人に気持ちを伝えてもよいでしょう。

お見合いの上手な断り方

お見合いといっても、そのお相手と仲人との関係もさまざまです。どのようなお相手を紹介されたかによっても断り方も変わってきます。
親戚に紹介されたお相手の場合、お見合い前ならば、自分の理想をはっきりと伝えてしまいましょう。お見合いをしたときに、この人じゃない!と思っても、嫌な顔をしたり態度に出すのは大人としてマナー違反です。もし、お見合い相手とメールアドレスなど連絡先を交換していても、先に直接お礼のみ伝え、その後親戚に断りの連絡を入れます。

会社の上司に紹介された場合、失礼にあたるようなことを言わないよう特に注意が必要です。立派な方過ぎて、など自分にはもったいないという意味を込めてお断りしましょう。相手を立てるよう断り方にも注意が必要です。

結婚相談所で出会った相手の場合、仲介人がいる場合は仲介人にお断りを入れます。しかし、相談所に限らずですが、先に連絡先を知っている場合もあるでしょう。電話はなかなかかけないかもしれませんが、お相手に直接メールでお断りをする場合は、相手に非がないことを伝えます。ですが、交際の可能性がないことは明確に伝えなくてはなりません。最後に婚活相手のよいご縁を祈ります、といった一言も大事です。

紹介者のパターン別、付き合うまでのタイミング別によって断り方も変わってきますが、相手を傷つけないよう相手の心を考えながら、言葉を選びましょう。どんな出会いも後によい経験になるものです。ですが、断るほうも断られるほうもあまりよい気はしないものです。そこで、自分なりのリラックス法やストレス発散法を取り入れて、その都度落ち込まないようリフレッシュして、また婚活に臨みましょう。

お見合いを断る前にもう一度考えてほしい!本当にその出会い、断ってしまっても大丈夫?

さて、せっかくお見合いをしたにも関わらず、お断りを決意することになってしまうのはとても残念なことです。譲れない条件や希望と合わない場合は仕方ありません。ですが、たった1回の食事やお茶だけで、お断りしてしまうのはあまりお勧めできません。男性側も女性側も、お見合いの場ではお互いに緊張しています。本来の自分自身を全然出せずに終わってしまうこともあるのです。
特に女性の場合、恋愛結婚にこだわる人も多いのですが、あまり相手をよく知らない段階で対象外にしてしまうと、せっかくのご縁も台なしです。お互いに最初は警戒心を抱いているかもしれません。打ち解けるまでには時間もかかるのです。
さまざまな恋活ビジネスが溢れていることで、相手をよく知らない段階で断るのに慣れ、出会いを大切にできなくなっている人もいるかもしれません。ですが、たとえば相談所では、専門家の目から厳しい指摘が入ります。断るか迷っていても、担当者やカウンセラーに一度悩んでいることを相談してみることで、お相手のことを深く知るきっかけがつかめるかもしれません。運命のお相手かもしれないのに、たった一度の機会だけで判断するのは少々危険です。

お断りするのもされるのもしんどいですが、まずお会いしなければ何も始まりません。断られることも、断ることもお見合いではごくありふれた事なのです。気になるお相手を見つけたら、積極的に交際希望を伝えましょう。

また、結婚相談所のサイトでは口コミ評価や結婚相談所ブログ、アンケートのデータなどが見られます。婚活の現実を知ることも出来ます。男性側が女性会員の本音を知ることもできるのです。あなたの婚活をサポートしてくれる相談所ならば、お断りの負担も軽減される、婚活もスムーズに進められます。

まとめ

最後にこれまでの内容のおさらいをしましょう。
1.お断りする主な理由は「外見がタイプでないこと」、「フィーリングが合わないこと」
2.断る際にはタイミングを見計らい、お相手の欠点をはっきり伝えないこと。
3.正しい断り方は紹介者のパターン別、付き合うまでのタイミング別に断り方を変え、相手の心を考えて言葉を選ぶこと。
4.短時間で相手を判断してお断りしないこと。

初めて相手にお会いした時は会話が弾まないのは当たり前です。何度も会う回数を重ねていくうちにお互いの相性が分かります。本当に断ることが正解なのか、自分の気持ちを確かめましょう。また、断る場合は謝罪のほかにお相手や紹介してくださった人に対する感謝の気持ちを伝えましょう。