at婚活30代からのパートナー探し

お見合いがうまくいかないと悩む人の共通点とその解決法

お見合いがうまくいかないのは、決して見た目だけの問題ではありません。
特に30代や40代のような結婚を真剣に考える年代になってくると、容姿のみで相手を決めるという人のほうがむしろ少ないものです。

具体的にどんな点が至らないのかを改めて考え直せば、今後交際に発展する可能性も出てきます。

お見合いでうまくいかない人の共通点

お見合いでうまくいっていない人によくある共通点として、「相手への要求が高すぎる」ということが挙げられます。

見た目、性格、年収、職業など。
自分では普通と思っていてもそれが平均値より実は高いというケースもあり、理想の相手がなかなか見つからない場合があります。

例えば年収。
「30代男性なら年収は400万円ぐらいあって普通だろう」と思っている女性も多いです。

しかし、実際には30代前半の正社員男性の平均年収は293.2万円、30代後半でも331.9万円となっています。(平成28年 賃金構造基本統計調査:厚生労働省)

現実的には300万円台を推移している男性も多いということです。
こういった現実とのギャップに気づいていないと、自分の考えが普通だと思い、なかなか相手も見つけにくくなります。

また地域、職業によっては厚生労働省が発表している年収よりもさらに低いケースもあるでしょう。
そういった地域性や職業なども考慮したうえで、相手を見極めることが大切です。

お見合いがうまくいかなくなる意外な落とし穴

特に高望みしているわけではないのに、お見合いがうまくいかない人もいます。
その場合は、今までの恋愛経験などからネガティブ思考になりすぎている可能性があります。

「今までモテた経験がないからどんなふうにデートすればよいかわからない…」
「嫌われるのが怖いので、自分から積極的に誘えない…」

などと言い訳して、せっかく相手が好意をもって誘ってくれても、「ただ気を遣ってくれただけ」などと解釈し、快い返事をしない人がいます。

また、せっかくデートすることになっても普段の悩みや恋愛の失敗談などを話してネガティブモード全開になってしまう人も。

そうすると次第に相手も、「この人は暗い人」、「マイナス思考でつまらない人」、「一緒にいて楽しくない」といった印象が残り、結局破談になってしまいます。

たとえ容姿に自信がなくても、ネガティブな話ばかりでは相手には負の印象しか残りません。
ハキハキと答えて明るい対応をしないと、さらに相手が見つけにくくなります。

お見合いがうまくいかない原因と解決策

お見合いでなかなかうまくいかないのに、また次の相手を探しても同じことを繰り返す可能性が高いです。

そうならないためには、まずは自分の改善すべきポイントを明確にしておくことが大切!
箇条書きでもよいので、ちょっと問題があるのかなと思うポイントを書き出してみましょう。

・希望年収が高すぎる
・相手の住んでいる地域を限定しすぎている
・職業を限定しすぎている
・年齢を制限しすぎている

こういった条件を緩めるだけでもあなたのフィーリングに合う人が見つかる可能性が高まります。
どうしても大人になるとこういった条件を意識しすぎてしまいがちなところがあります。

しかし学生時代などはフィーリングが合って交際に発展した人が多いはずです。
条件なんてそこまで気にしませんよね(最初は「頭がよい」、「スポーツが得意」などの長所に惹かれて…ということもありますが)。

そう考えると、条件を重視するよりも実際に話してからのほうが大切です。
年収などは「必要最低限これだけあればよいかな」というぐらいの希望に変えたほうが、よい人に出会える可能性が高まります。

住んでいる地域も隣県などを加えれば、さらに選択肢も広がってきますよ。
同様に職業や相手の年齢なども改めて条件を見直してみましょう。
これはお見合いだけでなく、
婚活パーティーや婚活サイトなどの婚活サービス全般にもいえることです。
いわゆる「婚活疲れ」や「婚活地獄」に陥っている婚活女性は自分磨きに時間をかけるのが大切だと思っていたり、婚活を難しく考えていたりしますが、相手の条件を見直すという方法を取るのが一番の近道です。これは一見当たり前と思われることですが、婚活を長引かせている人たちはなかなかこの決断ができないのです。

自分で原因を解消できない人におすすめの方法

「自分では条件を緩めたはずだけど、なかなかよい相手を見つけることができない」
「ネガティブな気持ちを抑えて、明るく振る舞うようにしているけれどうまくいかない」

そんなときは第三者に客観的に分析してもらったほうがよいでしょう。
自分の至らない要素を見つけることができていない状態です。

たとえば、結婚相談所のコンシェルジュやコンサルタントなどの専門家に相談すれば、お見合いを成功させるポイントを伝授してもらえます。
彼らはこれまで数多くのサポートをしていますから、お見合いでなかなかうまくいっていない人に対する共通点や改善点を熟知しています。

言動以外のことでも、、下記のように指摘してくれます。

「○○さんは経歴から見ても、とても真面目な印象が伝わると思います。
ですから服装はそこまでシックにまとめる必要はないかと思いますよ。
初対面ではもっとラフな雰囲気というか、親しみやすい印象も必要ですから、もう少しカジュアルな服でもよいかと思います」。

このように自分では誠実な印象を与えるためによいと思っていた服装が、他人から見るとちょっと接しにくいと感じてしまうケースもあります。

自分の価値観が正しいと思ってしまうと、こういった改善点は見抜けないのでスペシャリストに相談するのもよいですね。