at婚活30代からのパートナー探し

婚活難民に陥っていない?あなたが今すぐ婚活難民から抜け出す方法

「婚活そろそろ疲れたな…。」「なかなかいい人が見つからない。」
婚活中の女性でそう感じている人も多いと思います。
婚活を始めてすぐに結婚できる人は、婚活疲れという状態には陥りません。
本来、ここで結婚までたどり着ければよいのですが、皆が皆、すぐに結婚できるとは限りません。

中には婚活を続けていて、婚活難民に陥ってしまう人がいます。
婚活をするからにはなりたくないと不安に思うこともあるでしょう。
あなたは婚活難民になりそうな女性でしょうか。一度チェックしてみてください。

婚活難民とは?婚活下手な人が陥るワナ

そもそも皆さんは「婚活難民」という用語をご存知でしょうか。

婚活を続けていると、相手に望む条件が上がり続けます。
ですが、婚活サービスが巷に溢れている今、いくらでも新たな出会いを探せるのです。
目の前の相手に落ち着こうと考えるより、
もっと自分に合ったよい相手がいるかもしれないと婚活を続けてしまいます。
現実を受け入れずに、男性に望む条件にいつまでもこだわり続けると、
婚活が長期化し、婚活疲れや婚活鬱を引き起こしてしまいます。

婚活難民になってしまう理由の一つには、豊富な婚活サービスがあります。
ネットを利用できる時代となり、新たな出会いの情報も簡単に手に入れられるようになりました。
お見合いパーティーや街コン、婚活サイト、合コンサービスなどが
婚活難民化に拍車をかけていると専門家は指摘しています。

このようなサービスがあふれてしまった結果、
たとえば平均年収の男性と出会っても、もっと年収のよい男性がと出会えるのでは?
とスルーしてしまうといいます。
そして、いくらでも出会いの機会があると思うと、
相手に対する希望の条件は下げられないままとなります。

しかし、実際には多くの女性の希望年収と独身男性の平均年収には残念ながら開きがあり、
年収600万円を超える独身男性というのは数%しかおらず、ごく僅かなのです。

婚活難民に陥りやすい人の特徴は、行動力のある女性です。
出会いの場にためらわずどんどん行けてしまう人はある意味危険です。

また、理想の男性のタイプが漠然としている、
理想は持っているが理想が高過ぎるあまり婚活市場において条件を満たす独身男性が少ない
ということに気づいていない人たちも注意が必要です。

自分を幸せにしてくれる男性でないといけない、
男女平等を訴えつつも経済力は自分よりも上回ってほしい、
男性にはエスコートしてほしいなど、
さまざまなワガママで最終的には男性たちを疲れさせてしまいます。
そんな女性は婚活難民に陥りやすく、
そういう女性とばかり出会うと男性側も女性不信になりかねません。

婚活難民になる?結婚できない女性の特徴

では、具体的にどんな女性が結婚できないのでしょうか。

結婚できない女性の共通点に、
男性のプライドを傷つける、男性に依存する、などがあります。
元々男性はプライドが高い人が多く、
男性のプライドを傷つけたという理由で、恋愛関係が終わると言われています。

男性に過剰に依存する過依存タイプの人は、
男性に重いと思われ、最終的には別れを告げられてしまう可能性もあります。
女友達と行動しがちな女性も結婚から遠ざかってしまいます。

見た目においても好感度が低い女性の共通点があります。
一例としてネイルがあまりにも凝り過ぎていると、
男性から家事をやっていない女性と思われることがあります。
凝ったネイルに濃いメイクの派手な女性よりも、
家庭的な女性のほうが婚活では圧倒的に人気なのです。

また、話し方が乱暴な女性やがさつな振る舞いをする女性、
タバコを吸う女性も印象がよくありません。

婚活難民が婚活疲れを起こした原因と婚活を止めてしまった理由

婚活疲れを起こす原因は、理想の相手と出会えないからです。
また、たとえ理想の相手と出会えても、
その相手が自分を受け入れてくれなければ意味がありません。
婚活の場に出ても誰からも相手にされなければ、やる気もなくなってきます。

積極的に行動し続けた女性も疲れが溜まってきますし、
プレッシャーを受けた状態で無理矢理婚活している女性も、
上手くいかなければ当然続かなくなってきます。

婚活疲れが原因となって、最終的に婚活を止めてしまう人がいます。
アラサー女子が婚活を止めた原因の中で、最も多い理由がこの婚活疲れなのです。
自分に合った婚活ができていない人は婚活疲れに陥りやすく、
最終的に婚活を止めてしまうのです。

婚活難民でも合コンサービスの過剰利用は避けたほうがよい理由

合コンで出会う男性たちは、女性の容姿を重視しがちです。
そもそも結婚相手とは考えていないので、
一時的な出会いとしてしかその女性を見ていません。
または、お持ち帰りが目当てだけの男性もいます。
要は遊び相手としてしか見ていない男性も多いのです。

合コンでいくらモテても結婚に繋がる可能性はゼロとは言いませんが、かなり低いものなのです。
このような出会いを繰り返していると、男性不信にも陥ります。

婚活で心得るべき3つのこと

婚活疲れを起こさないためにも、もう一度心得ておくべきことを確認しておきましょう。

まず相手への思いやりです。
お見合いやパーティーなど婚活サービスを利用する際でも、相手は商品ではなく人です。
相手を条件だけで判断するのはNG行動となります。
相手への思いやりがなければ結婚生活は続きません。

金銭感覚も少し見直してみましょう。
結婚すると、独身時代とは生活も変わります。
いつまでも自分の好きなことにお金を使いたいという独身者はたくさんいるかもしれません。
ですが、結婚すればセレブな生活を送れるのではなく、結婚は現実です。
パートナーと支え合って生きていくのです。
どんなお金持ちの男性であれ、無駄遣いばかりしている女性を避けます。
ですから、お金に対する意識改革が必要になってきます。
恋人ではなく、家族として考えた場合、金銭感覚がしっかりしている女性は選ばれます。

また、男性の理想も把握しておくべきです。
婚活している男性の多くは子どもを望んでいます。
あまりにも年齢差のある年下男性に、交際を申し込んでも、難しいところがあります。

婚活難民を脱するためのオススメな婚活方法

婚活は闇雲に動いていても疲れるだけです。
そこで安心して利用できる相談所を利用してみませんか。
さまざまな結婚紹介サービスの中でもパートナーエージェントをご存知でしょうか?
会員数は2017年5月現在で12,094人ですが、
1年以内に成婚退会する会員の多い相談所です。

会員数は多ければよいのかというと、それは違います。
いかに結婚できる相談所かが大事なのです。
パートナーエージェントのサイト内では、お客様の声が聞けるページもあります。
アラサー女性投稿者のリアルな話も書いてありますので、参考になります。

相談所に登録すれば、さまざまなサポートが受けられます。
あなたの質問にも回答してくれるコーディネーターがいて、
お相手との連絡先の交換はお見合いした後になります。
お互いにもう一度会いたいと思ったら次に繋がります。
初めて会う人同士がいきなり電話やメールでやりとりすることもありません。
安心安全なサービスなのです。

相談所を選ぶ際、最初から1社に絞れないという方もいるかと思います。
そんな時に便利なのが資料の一括請求サービスです。
相談所数社から資料の最新版を取り寄せて、
比較したりしてさまざまな相談所を検討できるので、是非参考にしてみてください。

新規登録する前に、まずは資料請求をして、
無料の説明会にも参加するとより安心できるでしょう。
婚活難民にならないよう上手な婚活で、結婚を勝ち取りましょう。

婚活を始めてすぐに結婚できる人は、婚活疲れという状態には陥りません。
本来、ここで結婚までたどり着ければよいのですが、
皆が皆、すぐに結婚できるとは限りません。
中には婚活を続けていて、婚活難民に陥ってしまう人がいます。
婚活をするからにはなりたくないと不安に思うこともあるでしょう。
あなたは婚活難民になりそうな女性でしょうか。
一度チェックしてみてください。