at婚活30代からのパートナー探し

婚活で失敗しないために絶対に知っておくべき4つのこと

ここでは婚活での失敗例をもとに、今後どのような婚活をすれば成功させられるのか解説していきます。

婚活で失敗する人の特徴やパターンを見て、自分が該当していないか確認してみましょう。
婚活失敗例を知って怖気づいてしまうのではなく、成功させるための秘訣と考え、今後の励みにしてください!

婚活で失敗・挫折するパターンとは

婚活で挫折・失敗してしまうパターンとして多いのが理想と現実のギャップです。

「日常では出会いがなくモテないけど結婚相談所を利用すれば、簡単によい人に出会えて交際に発展するはず」と思っていると失敗します。

普段モテていない人は、結婚相談所に行ったからといって急にモテるわけではないのです。

結婚相談所でなかなか交際に至らない現実を知り、そのことにショックを受け、婚活をやめてしまうパターンがあります。

他には、金銭的な要素も挫折するパターンの一つ。
婚活は思いのほかお金がかかります。

婚活サービスを利用するだけで費用がかかりますし、それと同時にデート費用や交通費などもかかってきます。

特に男性の場合は、女性の分も食事代として支払うケースが多いですから、普段の生活では考えられないほどの出費に!

しかもなかなか交際に発展しないと、「ただの無駄金なのではないか…」という気持ちになり、だんだんと婚活への意欲が低下してしまいます。

女性の場合も男性ほどではないにせよ、出費が当然ありますから、一人暮らしをしている人などは特に金銭的に厳しくなってしまう人もいます。

婚活に失敗する人の特徴

婚活に失敗する人は、いくつか共通点があります。
必ずしも容姿だけが問題ではなく、内面的な要素が大きく作用しています。
具体的には下記のようなことが挙げられます。

・相手への条件が高すぎる
・自分が原因と思わない
・世間知らず
・継続性がない
・金銭的余裕がない
・自分に自信がない
・積極性がない

結婚相手は人生のパートナーになるわけですから、もちろん条件がある程度出てしまうのは仕方ありません。
ただ、相対的に見て、そんなに何もかも優れた人間というのは少数派。

よい部分だけでなく、欠点も受け入れられるぐらいの気持ちがないと交際に発展するのは難しいものです。

たとえば、「友達は年収800万円の人と結婚したし、私もそれぐらいの人がいい」などと思う人がいるとします。

しかし、その友人が少数派であるだけで実際は年収800万円を超えるような経済力を持つ人は多くありません。
そういった現実を見ずに自分の希望を押し通していると、なかなか成就しません。

また逆にネガティブすぎるのも問題です。
積極的に連絡を取らなかったり、2回目のデートに繋がるような振る舞いをしないまま時が過ぎると相手の気持ちも離れてしまうので、交際に発展しないことがあります。

婚活に成功する人の特徴とは

婚活に成功する人は、頑張っている共通点があります。
具体的には下記のような点です。

・婚活を諦めず継続する
・積極的にアプローチする
・身なりに気をつけている
・デートで気配りをする

婚活でなかなかうまくいかないと、気持ち的にも滅入ってくるので諦めてしまう人がいます。
ただ諦めたところでどうなるのか、ということも考えてみましょう。
そもそも日常に出会いがないので、婚活を始めたはずです。

婚活を止めてしまうのと、すぐにうまくいかなくても続けるのとでは後者のほうが結婚につながる可能性が高いのは事実ですよね。

そういった現実を受け止め、継続することでチャンスが出てきます。

それ以外では、積極性もかなり重要。
婚活を始めたのが30代や40代の人は、今まであまり異性に対して積極的にアプローチしてこなかったのではないでしょうか。

逆婚活の場はそういった人が多い傾向にあります。
消極的な人同士だとどうしてもうまくいきませんから、自分が積極的になるしかありません。

自分から連絡先を聞いたり、積極的に連絡を取ってみるなどの行動を起こせば、うまくいく可能性が高まります。

そして容姿に自信がなかったとしてもおしゃれに気を配ったり、メイクを頑張ったりなど、できることはいくらでもあります。男性なら清潔感を保つ意識も必要です。

容姿に自信がなくても、よく見せようという努力が重要です。
婚活に成功する人はそういった部分でも頑張っています。

婚活で失敗しないために意識したいこと

婚活を成功させるためには、まず出会いの場に身を置くことから始めましょう。
軽いノリではなく結婚を前提とした交際を望むなら、ネット婚活や結婚相談所がおすすめです。

合コンや街コンとは違い、将来を真剣に考えている人が多いからです(合コンや街コンがノリの軽い人ばかりというわけではありませんが、軽い気持ちで参加する人や恋愛のみを目的として参加する人もいるため、あくまでも比率の話です)。

そしてそういった婚活サービスを利用するときは待ちの姿勢ではなく、自分から積極的にアプローチすること。
女性の場合は「女性は待つもの」と決めてしまう人もいますが、せっかくそういった婚活サービスを使うなら、相手を分析してアプローチすることもできるので積極的に利用しましょう。

特に女性は、急ぐのに理由があります。

将来子どもが欲しいと考えている男性は、年齢が高めの女性だと厳しいと考えている人が多いため、年齢が若ければ若いほどチャンスがあるからです。そういったことも考慮すると、出会いのチャンスを逃さないように、早めに行動していきましょう。