at婚活30代からのパートナー探し

ブサイクで結婚できない…あなたが今すぐしなければいけないこと

愛において容姿が重視されるのは仕方のないことかもしれません。女性なら美人はモテます。男性ならイケメンがモテます。
だとすると、ブサイクやブスが婚活の場でもお相手から外見だけで判断されてしまうのでしょうか。いえいえ、そんなことはありません。容姿に自信がないという人でも結婚しているのです。

ブサイクだって結婚出来る!結婚できるブサイクと結婚できないブサイクの違い

婚活の場では、必ずしも美人だけが結婚にたどり着いているわけではありません。では、その違いはどこにあるのでしょうか。

まず挙げられるのがが性格のよさ。明るい女性も男性から選ばれます。見た目以外の内面のよさはプラスになり、異性の心を惹きつけます。
料理も武器になります。料理が上手な女性と結婚した男性は、「よい奥さんをもらった」なんて、周りの独身男性から羨ましがられますよね。

また、恋愛経験が少ない人は理想が高くなりがちです。しかし、現実を見ることのできる人は結婚に近づけます。自分自身の市場価値を知っていると、相手に求める理想は自然と現実味を帯びたものになります。
自分をしっかり持っている女性は、容姿に関係なく自信が持てます。人からの信頼も厚くなりますので、友人関係も広がり、紹介なども多くなります。
行動力のある人も出会いが広がります。婚活している人なら、誰にでも結婚のチャンスはあるのです。
コミュニケーション能力が高く、他人の話をよく聞ける人も外見に関係なくモテます。これは特に容姿に匹敵するレベルの魅力にもなり得ます。
そして、常に自分磨きを怠らず努力を続けている女性は、自分の魅力を最大限に生かす方法を知っているのです。

ブサイクやブスな人が変えたほうが良いポイント

婚活で結婚を実現させた人は少なからず前向きで努力をしています。これが魅力に繋がるのです。では、どのように努力すべきなのでしょうか。

まず容姿についての意識改革をしましょう。自分の容姿を否定的に捉えないようにすることです。悩みを常に抱えていると、気持ちが暗くなります。コンプレックスを意識しすぎないことで、明るく前向きな気持ちになれます。心の持ち方一つでも、性格美人になれるのです。

身だしなみも清潔感のあるファッションを心がけましょう。メイクで見た目の印象を変えることもできます。綺麗になりたいという気持ち一つで変われる部分だって大いにあるのです。言葉遣いを上品にしてみることでも、よい印象を相手に与えられます。
何もしなければ自分自身を変えることはできません。意識改革をして努力を重ねることが結婚への第一歩です。

容姿に自信がない人を結婚相手に選んだ理由

実際に世の中には容姿に自信がなかったという人を結婚相手に選んでいる人たちがいます。彼らはなぜその人をパートナーとして選んだのでしょうか。
その理由の一つとして、相手の性格のよさが気に入ったという点があります。性格は何よりも結婚相手に求める大きな条件になっています。体つきが好みだったり、雰囲気で選んだなどといった意見もあります。以前、ジブラルタ生命保険が行ったアンケートの質問で、父親や母親に似ている人に惹かれるか、という質問がありました。これに対して無意識のうちに自分の父親や母親の雰囲気に似ている人を選んでいると半数以上が回答しているのです。どこか安心感のある相手に惹かれてしまうのかもしれませんね。
容姿以外に惹かれる部分があれば、容姿関係なく、結婚相手として選ばれる可能性は充分にあるのです。

ブスは結婚できないという思い込みを捨てることが最善の方法

ブスは結婚できないと女性が勝手に思い込んでいる場合もあります。
ネットから生まれた言葉に「喪女」という言葉があります。モテずにネガティヴな気持ちに陥っている女性は、恋愛相談に乗ってくれる心理カウンセラーや専門家に相談してみると、思い込みが消えて解決方法が見えたりもします。
しかし、そもそも喪女という言葉自体、ネットで生まれた言葉です。交際経験がない、告白されたことがない、恋愛感情を持たれたことがない等、モテないイメージから名づけられています。
ネットの普及によって気になる意見を気軽に読めるようになりました。中には正しい意見もあるけれど、当然間違った意見もあります。サイト内にある記事がすべてではないのです。誰かの意見がメディアで大きく扱われれば、それを読んだ人思い込みも強くなる心理が働きます。ホームページやツイッターなど、ネットの世界だけでを情報源にしていると、間違った思い込みをしてしまう危険もあるのです。
喪女=一生結婚できない、ではありません。今まで恋愛とは程遠いと思っていたとしても、自分で「喪女」をというレッテルを貼ってしまうことはないのです。

人間見た目だけで結婚できるわけではありません。男性は外見だけでお断りしているのではなく、内面についても判断しているのです。
また、女性だけではありません。どんなに顔面偏差値の高い男性だったとしても、仕事をきちんとしていないとしたら婚活市場では売れ残ります。顔だけよくても働いていなかったりだらしなかったりする夫を素敵だとは思わないでしょう。男性も容姿だけでは結婚できないのです。

容姿に自信が持てないならば、自信の持てることを見つけましょう。結婚後はお互い助け合う夫婦になるわけですから、よい人間関係を築けそうにない相手は選ばれません。見た目に代わる魅力がある人は、必ず運命のお相手がそれを見つけて、あなたを好きになってくれるのです。男性が見ているのは外見だけではないからこそ、結婚出来るブスと出来ないブスに分かれるのです。